ファンデーション
ラトナの想い アーユルヴェーダとは トリートメントメニュー ご予約について よくいただくご質問 サロンのご案内
HOME > アーユルヴェーダとは
アーユルヴェーダとは

インド発祥の「生命の科学」「長寿の知恵」

コヴァーラムビーチのサンセット
遥か5000年もの昔のこと…
北インド・ヒマラヤのふもとに賢者たちが集い、世の苦しみや悲しみなどから
いかにして人間を救う知恵を授けるかという会議を開いたとの伝えがあり、
ここで神々より授かった叡智(えいち)がアーユルヴェーダの始まりだと言われています。

アーユルヴェーダとはサンスクリット語の「AYUS」と「VEDA」との複合語で
日本語に訳すと「生命の科学」や「長寿の知恵」。
ここ日本ではまだあまり知られてはいませんが、WHO(世界保健機構)から
“現存する世界最古の伝統医学”として公式承認を受けているものです。

美と健康にまつわるアイデアの宝庫

フルーツ ヨガ
私たちがアーユルヴェーダに着目する理由はその目的と実践にあります。
人々がいかにして健康で暮らせるか、いかにして美しさ、若々しさを追求できるか、
そして幸せな一生を全うできるか…そのような実にシンプルな問いに対し、
アーユルヴェーダは生活の仕方、食事の仕方、心の在り方など
日々の暮らしに根差した方法で解いてくれています。

多くのサロンがメニューに掲げている「アビヤンガ」(オイルマッサージ)もまた
ヨガや瞑想、哲学、占星術と並ぶアーユルヴェーダの健康法のひとつ。
このような単語が並ぶとどうしても神秘的なイメージをまとうアーユルヴェーダですが
誰もがアプローチできる素晴らしい知恵にあふれているのです。

アーユルヴェーダの「3つのエネルギー」


アーユルヴェーダでは、この世に存在するすべてのものが
「空」「風」「火」「水」「土」の五大元素によって構成されるとしています。
そして、これら五大元素の組み合わせによって成り立つ
「ヴァータ」「ピッタ」「カパ」の3つのエネルギー「ドーシャ」が
私たちの体質や個性(心や体、性格、思考や行動など)に大きく関わります。

ドーシャ ヴァータ 【VATA】 ピッタ 【PITTA】 カパ 【KAPHA】
要 素 ヴァータ
空と風のエネルギー
ピッタ
火と水のエネルギー
カパ
水と土のエネルギー
性 質 軽さ。冷たさ。 熱さ。鋭さ。 重さ。滑らかさ。
機 能 運動。循環。 変換。代謝。 結合。構造。
身 体 細身で身軽。乾燥肌。
健やかな睡眠。
中肉中背。褐色肌。
自信溢れる表情。柔軟な体。
大柄。ふくよか。潤い肌。
体力がある。穏やかな表情。
精 神 明朗快活。気分屋。
緊張しがち。
好奇心旺盛。
鋭い洞察力。完璧主義。
慈悲深い愛情。
粘り強さ。
行 動 機敏で活発。 知的な話し方。
正確。積極的。
安定した行動。
着実。
アン
バランス
状態
便秘傾向。
神経痛。関節痛。
批判的。自己中心的。
皮膚に炎症。体の灼熱感。
執着する。怠惰。
うつ状態。

誰もがこれら3つのうち、1つまたは2つ(あるいは3つとも)の影響を受けており、
体質診断で判明する生まれつきの状態(プラクリティ)こそが本来のあなたの姿です。
しかし、それは様々な要因からバランスが崩れた状態(ヴィクリティ)に陥りやすく、
結果、心や体に不調や病気を引き起こすと考えられています。

ちなみに、ラトナのコンサルテーション時に調べているのは後者のヴィクリティで、
それに合わせて選んだハーブオイルでトリートメントをすることにより、乱れたドーシャを鎮めるのです。

デトックスのすすめ 〜不要なものはリリースしましょう〜

フラワーアート
それではなぜドーシャはバランスを崩すのでしょう。
アーユルヴェーダでは“アーマ”と呼ばれる未消化物をその要因と捉え、
消化もされない…排泄もされない…そして最終的に体内に溜まった“毒素”が
積もりに積もって、心や体の免疫力、自然治癒力を落とすととらえています。


おまけに体内にこびりついたアーマは粘着質で油性の毒素なので、
そのままでは汗や尿などの老廃物と一緒に体外へ出て行ってはくれません。
ですが、それを可能にするのがオイルを使ったトリートメントです。
体の深層部へ浸透してゆくハーブオイルがアーマを溶かし出し、
ここでようやく体外へと排出(デトックス)される準備ができます。


このようにアーユルヴェーダは単にリラクゼーションのためだけに
やみくもにオイルを使ってトリートメントを施すのではない
ということがおわかりいただけたでしょうか。
そのトリートメントは本来のドーシャバランス、本来の自分を取り戻すために
最も有効な“浄化法”なのです。


ページトップへ